phoque's voice

...and so on.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

就職一ヶ月とすこし。

というわけで、就職して一ヶ月と少したつわけですが。

さすがにちょっと疲れが出てきました。先々週のはじめころに風邪をひいて、実はまだ完治してなくて鼻がぐしゅぐしゅいっていたり、右の股関節に痛みが出たりしています。ですがまあ、仕事はなんとかこなしているし、ちょっとは覚えてきたかな、と。何しろ5日という短いサイクルで動いている仕事なので(つまり、一ヶ月に6回締め日があるわけです)、次から次へと覚えなければならないことが回ってくるので、大変といえば大変。まあ同じことをずっとやってるのに比べると、面白いっちゃー面白いんですが。

で、時々思うんですけどね。民間企業だと福利厚生がよいことはほめられこそすれ決して批判されるようなことではないのに、公務員とか公的なところだと、福利厚生がいいとたたかれますよね。あれってなんとかならないんだろうか。今の会社の親会社は元公社でずいぶん前に民営化されたところなのですが、ずいぶんとそういうところ厳しいみたいです。給料がこの先上がる見込みない、っていうのもそうだし、働いている人の大部分が派遣かパートか契約社員、っていう非正規雇用ばっかりなのも、ちょっとどうなのよ?と思ったりします。ついでに、健保も政府管掌だったのは正直びっくり。いやー某元公社って巨大企業だし、その関連会社だから当然、某元公社関係の組合健保だと思ったのですけどね。
(ちなみに弟が昔働いていた某元財閥系企業のグループ会社は、契約社員も組合健保でしたよ)

で。平行して進めている就職活動ですが、先々週はちょっと動きがありました。年収400万overかつ一年後には正社員、というほとんど破格の条件でしたが、ちょっと遠い(秋葉原)のと、11/1には入社してほしいというのと、自分が風邪をひいていたのとがあいまって、あえなく撃沈でございました。しょっちゅうCMやってるような大企業で、好条件もあいまってちょっと悔しいとは思いますが、まあ通えなかったら元も子もないし、仕方ないかな、と。

現在は、そこよりはずっと近い(とはいえ交通の便があまりよくはない)、某巨大企業関連会社の面接日程調整中です。まあ今勤めているところも某巨大企業関連会社で、どっちも元国営みたいなものなんですが、今の会社が将来的に見てあまりよろしくない(なにしろ昇給の可能性ゼロですよ。仕事が楽なのは結構だが)のに比べると、かなり条件的にはいいようです。こっちは総務的な仕事なのですが、実は雑用が大好きだったりする自分には向いているんじゃないだろうかと思います。ここの会社は障害者採用は初めてらしいので、もし採用されるとなると自分がフロンティアになっちゃうわけですが、そこらへんも含めてなかなか面白そうです。決まるといいな。

ところで。今の会社に決めるにいたった経緯については不満がたくさんあるということは前にも書いたと思うのですが、それでも、たとえば模擬面接とか、職務経歴書の書き方についての指導とか、そういうところはきちんとしていました。それは今も大いに役にたってくれているので、必ずしも悪いことばかりではない、と一応書いておきます。でも、多分もうそこに頼むことはないと思うのですよ。今の会社も、担当者だった人のイチオシだったところで、なんか結局それが優先されて決められてしまった感が微妙にぬぐえないままだったりするので。

で、前述のCMバンバンやってる好条件会社と、現在面接日程調整中の会社の二つの案件は、いずれも最後のお願いした某大手派遣会社の関連会社からのお話です。そこは大手派遣会社の関連会社ということもあって、営業の人がしっかりしているというか、面接のときには(派遣の就労のときと同様に)営業担当が同行してくれます(面接に同席するわけではありませんが)。さすが大手派遣会社らしく営業担当が強いんですね、多分。

前に書いたと思うけど、障害者採用をすすめている会社というのはある程度以上の大企業が多いわけで(今の会社も総従業員数1万人以上だったりする)、そういう会社に書類選考ではねられることなく面接にいけるというのは、ある意味障害者利権のような気がしないでもないのですが、でもってそういう弱者利権って今の世知辛い世の中では(特に2ちゃんねるみたいなところでは)思いっきりたたかれたりするものなのですが、世の中にはアファーマティブアクションって考え方もあって、つまり他の条件がほぼ同じであればマイノリティであったり不利益をこうむりやすかったりする者のほうを有利に取り扱うべき、ということで、自分もある意味、障害者、それも透析患者っていう「身体的不利益は少ないものの時間的制約が厳しいがゆえに就労が難しい」障害者の一人として、よりよい条件での仕事の場を得ることが、長い目で見て社会のためになる、という考えのもと、なるべくいい会社にいい条件で働きたいと思ってます。いや、そんな大げさなことより、目の前の借金(亡き母が原因の)をとにかくなんとかしないとならないのですが。
スポンサーサイト

障害者就労 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<面接ぅ。 | HOME | 終戦とか言わないように。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。